読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

mikaのプロ精進計画、身をゆだねたくなるセラピストになるための奮闘ブログ

「このままじゃ、死にきれない!」そう言い放ってセラピストへの夢を実現するべく綴るブログです。日々吸収した事を記録していきます。

アロマテラピーの効能解説♪

 

 

 

 

こんばんは、mikaです🎶

 

今日から、mikaのプチ美容講座

を始めたいと思います!

 

今回は、アロマテラピー

 

以前アロマ流行りましたよねー!

 

私もアロマディフューザー

買いに行ったことを覚えています。

  

では早速、プチ講座始めたいと思います♪

 

ここでは代表的なアロマの効能を

お伝えします。

 

【ティートリー】フトモモ科

オーストラリア先住民は古くから

ティートリーの葉を使って切り傷を

治していた。

風邪・各種感染・湿疹・免疫系低下・

ニキビに効果がある。

 

ベルガモットミカン科。

小さなオレンジのような果皮から抽出する。

膀胱炎・ヘルペス・うつ・ニキビ・

食欲不振に効果がある。

 

【サンダルウッド】ビャクダン科。

インドでは寺院の建材や薫香として

使われてきた。

泌尿器障害・うつ・喉痛・咽頭障害・

老化乾燥肌に効果がある。

 

【ジュニパー】ヒノキ科。

悪霊祓いやコレラのような伝染病治療に

使われてきた。

膀胱炎・セルライト・湿疹・むくみ

に効果がある。

 

ゼラニウムフウロソウ科

多年生の植物で、ペラルゴニウムとも

言われる。

更年期障害・むくみ・湿疹・乾燥肌・

脂性肌に効果がある。

 

【ラベンダー】シソ科。

ラテン語で「洗う」という意味の

「ラワーレ」が語源とされている。

高血圧・更年期障害・オールスキン・

不眠症に効果がある。

 

ローズマリーシソ科。

花が淡いブルーのしずくのように見える

ことから「海のしずく」という意味から

名づけられた。

低血圧・コレステロール・無気力・頭痛

・筋肉痛に効果がある。

 

以上7種類をご紹介いたしました♪

 

直感的にお好きな香り、効能で選んだりと

アロマテラピーを楽しんでくださいね!

 

最後まで読んでいただき、

ありがとうございました♡mika